i-mobile
川島戦場カメラマンつんちゃんのサクサク動画天国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.矢吹卓也
2.戦艦ポチョムキン
3.DOOM
4.吉沢明歩
5.ライフフォース
6.雪舟
7.名探偵ホームズ
8.高橋しん
9.青天白日
10.Culture Club

i-mobile
死に対してこれほどまでに恐怖できるゲームは他にありません。
PC98時代、#1(狂王の試練場)をプレイしたのが最初です。
友達の名前をつけて気軽にプレイしたらどんどん死んでいく・・・そしてロスト。
現在のゲームでは決して味わえない緊張感を叩きつけられました。

そしてなんといってもウィザードリィを唯一無二のゲームたらしめているのは、
その簡素なゲーム画面です。
ジメジメとした迷宮(線画設定もできます)に美麗なモンスターグラフィック。
あらかじめ用意された世界観はほんの少しの背景画とテキストです。

現在のゲームからすれば、この一見地味な見た目は逆にプレイヤーの想像力を
これでもかと刺激してくれます。
そして、他のRPGゲームを寄せ付けない特異な部分として、ゼロから自分自身で作成した
プレイヤーキャラクター達が一人歩きを始める事です。
最初は文字の羅列、データでしかなかったキャラクター達が幾度もの死闘を
迷宮で繰り返すうちに、プレイヤーの手を離れ、まるで本当にそこに存在しているかの
ような錯覚を覚えます。

これはプレイヤー一人ひとりの想像力に任されますが、キャラクターから
世界観まで、ガッチリとあらかじめ設定された現在のゲームではなかなか出来ない事です。

#1から始まったウィザードリィですが、#1〜#5の持っている独特の雰囲気は
上記の想像の自由度にあります。
街を歩く住民、紫煙漂う酒場に集う荒くれ者達、宿屋には看板娘がいるかも知れません。
次の一歩が死に直結する迷宮。
そしてそれぞれの目的や過去を背負った冒険者達。
全てプレイヤーの想像力で自由にできるのです。

王道なシナリオ、一癖も二癖もあるシナリオ含め、それが5本。
さらにユーザーシナリオは70本を超えています。(2011年10月現在)
一生かけても遊びきれない膨大な量です。
そして、そのシナリオにはそれぞれのドラマがあり、冒険者達が旅立ちの時を待っています。

特筆すべき点は末弥純さんのデザインした初期モンスターから新モンスターまで、
力量確かなイラストレーター達の手で非常に丁寧な仕事で描き起こされています。
各イラストレーターによる新モンスターも含め400体以上が迷宮を徘徊、
または玄室で宝を守りながら息を潜めています。
そのどれもが今までのウィザードリィ作品の中でも最高の高画質で楽しめます。
ゲームタイトル画面で次々に表示されるモンスターを見ているだけでため息が…。

購入にあたっては現在パッケージ版は非常に高騰していますので、
ダウンロード版をお勧めします。
公式サイトではマニュアルのPDFファイルが配布されていますし、
シナリオエディタツールも使用でき、膨大なユーザーシナリオもパッケージ版と
同じくプレイできます。

興味が湧いた方はまずは「Wizardry外伝 〜五つの試練〜@Wiki」をご覧になってみるのが良いかと思います。
個人的にはデフォルトの足音に違和感がありましたが上記wikiで配布されている足音は緊張感がありいい出来です。
また、版権問題で変更されているデフォルトの呪文名も好きなように変更できます。
PC上でのマッピングも良質なフリーソフトのお陰で可能ですので、
もう方眼紙に手書きしなくても大丈夫です。(もちろんあえて手書きでも楽しいです!)

現在でも精力的にパッチが更新され続けていますので、快適にプレイできます。
PC版に始まり、ファミコン版、SFC版、GB版、GBC版、NP版、各Wiz派生系ゲーム等を貪るようにプレイしてきましたが、
個人的には今作はまさにあらゆる点(操作性、レスポンスも含め)で最高傑作だと思います。

最後にちょっとお薦め関連書籍を。
ベニー松山さんの「隣り合わせの灰と青春―小説ウィザードリィ」、「風よ。龍に届いているか」、
「ウィザードリィのすべて」の三冊です。
作者独自の世界観ですが、押し付けがましくなく、Wiz好きなら一つの想像の産物として楽しめると思います。
ウィザードリィというゲームの自由度が生み出した "想像する事の楽しさ" を教えてくれます。

…囁き…祈り…詠唱…念じろ…!

教会の糞坊主、ボッタクリ商店とうまく付き合いつつ、皆様良い旅を!

ファイブスター物語エピソードガイド1986‐1997 作者自身もこの物語はロボット物ではなく、ファンタジー、神話だとおっしゃっております。私も17のときからファンになり現在31歳。ファン歴14年の私もとても参考になりました。この本を読んで複雑な人間関係、伏線を理解すればあなたも立派なマモルマニアです。
サン電子 カード型モバイルカード/USB型端末対応 高速モバイルVPNルータ「Rooster-G8.0」 SC-RS810G 高額なルーターですが値段分の価値は十分にあります。
業務用に多数、使用してますが安定性・通信速度・対応機種の多さ、全ての要求を満たす製品です。
他社の製品もデモ機を借りて色々と検証しましたが、この製品の性能を上回るものはありませんでした。

特に、遠隔操作にて使用する用途に最適です、手元に置いて使用するのでしたら他の安価な製品でも良いかと思いますが、インターネット経由で管理するための安全機能が豊富に装備されており、まずめったなことでは操作不能とはなりません。

2010年春に若干安価な新型が発売されるようですが、遠隔操作で使用する私としましては、DDNSに安価なDynDNSを使用することのできるこちらの機種をお勧めいたします。

なお、この機種のVerは現在6.0ですので、充分に熟成してきており同様の機能が搭載され、かつコストパフォーマンスに優れる新型も、使い方によっては活用できると思います。

モバイル通信に安全と信頼性を求めるならこの製品です。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!