光速のクロマティどんべえちゃんのお笑い動画リスト

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.モルタル
2.佐渡島
3.トム・ジョーンズ
4.Cube Sugar
5.ロマンシア
6.今田耕司
7.フォグランプ
8.ランデヴー
9.マリリン・モンロー
10.矢口真里

i-mobile
ハンチョウ~神南署安積班~ DVD-BOX 通常の刑事ドラマは,派手なアクションや大掛かりな仕掛けが目に付くばかりで,人間を描いていません。もちろんそれで満足する方も多いのでしょうが,私は「ハンチョウ」をみて考えが変わりました。
ひとつの警察署のひとつの班の物語ですが,ヲQ者・犯人そしてなにより安積班の人間を描いています。班長が昔かたぎでなくちょっと間が抜けたでもやるときゃやるぜの人なのです。よく理想の上司ということを言われますが,安積さまはまさに理想の上司です。そして演ずる佐々木蔵之介さまは,原作どおりのイメージです。私の傷ついた気持ちを癒してくれるのは,佐々木様であり,安積班のみんなです。ヘッッと思う方,1話でもいいから(お勧めはFILE 9)是非見てください!あなたの感性変えて見せます。

GUNGRAVE O.D. 操作できるキャラクターが追加され、ショットコンボや近接攻撃コンボの追加によりアクションの幅も広がりました。
また、所々に挿入されるムービーが目を見張る綺麗さで、自分はアニメDVDでも見てるのかという感覚に陥るほどです。ストーリーの盛り上げ方には文句の付け所はありませんでした。

しかしゲームを始めて一番最初に衝撃を受けたのは、FPSの低下と銃声のショボさでした。
慣れてしまえばこれはこれで気にはならなくなりますが、前作のイメージがあるのでこの変更はかなり残念でした。あの鉄のトビラを叩いたような重い銃声はうるさいながらも心地よいものだったのに…
また、全体的に難しくなっていますが、個人的にはこのゲームには難しくなってほしくはないです。むしろ究極の爽快感を目指してほしかった。変にゲーム性を目指したために、テンポも悪くイライラさせられる場面も多々ありました。
前述の通りムービーシーンはかなりハイレベルであるため、半端なゲームシーンに引き戻されるとそのギャップに冷めてしまいます。

悪い所もあれど、ゲーム性は確実に進化しています。しかし、ゲームという形をとったエンターテイメント作品として見ると、もっと『面白くなる』余地はあると思います。
公式サイトが閉鎖しているところを見ると、次の企画は現時点では上がっていないのでしょうが、それが非常に残念であり、また非常に勿体無く思います。

Road to Albertane: Hanson Tour 98 [VHS] [Import] 当時まだ中学生だったためHANSONが来日しても見に行くことが出来なかった私に、このビデオは宝物になりました。
実際のライブ映像、本人たちがいろんな国に行ってはしゃいでいる様子、私生活のように密着した感じでした。
このほどやっとJAPANツアーをすることが決まったHANSON。
その前に、もう一度このビデオを観てから行っても良いような、そんな気がします。

☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!