ぷよぴたっ!

gooゲーム

ゴルファーズ検定



Who Will Love My Children? [VHS] [Import]
子供の頃に観て感動し、人の親になった今こそ改めて観たいと思っています。モノクロの映画でさえDVDになっている今、なぜこの名作が世に存在しないのか?

不思議でなりません・・・。

 

あなただけをすきになるよ Who?ちゃん
日が経つにつれ、おしゃべりの語彙が増えるので、次はなにをしゃべってくれるかな、、と大人もわくわくしながら子供につきあえます。あまり種明かしをするのもよくないので、お伝えできないのが残念ですが飽きっぽいこどもが長くおつきあいでき、ものを大切にする価値を見いだしたのではないかと思います。電池の消耗が早いように感じ、星一つマイナスとさせていただきました。

 

who's BAD? マイケル・ジャクソン 1958-2009(シンコー・ミュージックMOOK)
他社の追悼本関連を数冊買いましたが、こちらのマイケルの本は、他社とが被った印象がなく(マイケルや兄弟達のインタビューが盛り盛りなので)写真も良い感じですが、じっくりマイケルや兄弟達の言葉を読めて内容も濃かったと思います。
ディスコグラフィーもよく出来ていて、マイケルのアルバムを余り持っていない自分は、この本のディスコグラフィーを見て新たに欲しいアルバムが出てきたりしました。
マイケルと音楽についてよく分かる構成ですし、トップスターならではの悩みもプライベート面で今まで知らなかったようなエピソードが話されていて、元気で弾けるような笑顔だったジャクソン5の頃のマイケルから、物静かで人をとても警戒するマイケルに変貌していった様子が、マイケルの語りによって理解できました。
「彼は純粋過ぎるほどに純粋な人間であり、また性格的には内気だったため理不尽な報道をされても真っ向からきちんと抵抗できなかった。イジられれば殻にこもってしまうから、「そら見たことか」とさらにイジられてしまうという悪循環」と書かれていた部分がありますが、マイケルは、世界に愛や平和、平等…大事なメッセージを沢山、歌やスピーチ、インタビュー、チャリティ、書籍、メディアを通して発信してくれていて、人間的魅力を沢山持っていた彼が、心ない人たちに叩かれて苦しんでいたのは、可哀想でなりません…。
いつだって、マイケルは願いや怒りなど、気持ちを歌詞に込めて抵抗し続けていたと思います。マイケルの歌を聴くと、彼の考えていたことが分かり、こういったマイケルのインタビューが沢山掲載されたものを手にとって読むことで、更に歌に込められているメッセージがより深くなりますね。
マイケル大好きです。マイケルが理解され、更に愛されると良いな〜と思います。

 

封印再度―WHO INSIDE (講談社文庫)
タイトルでやられた。
内容に関しては是非ともお読みなってからということで。

Vシリーズにもあったよね。同じ様なタイトル

 

時をかける少女 [Blu-ray]
 相対論的な効果が働いてくる世界ならばいざ知らず、われわれが普通に生きているかぎり、時間は絶対的に一方的にしか流れていきません。だから「じっと待つしかないの」。それも一つの生き方。

 しかし、無茶でも無鉄砲でも自分から突き進んでなんとかしていこうという主人公の生き方もまた、もう一つの「時をかける少女」でしょう。原作者・筒井康隆は、どうもこの作品には口を濁して語らず、それは彼なりの「照れ」なのかもしれませんが、「タイム・トラベラー」以来、玉石混淆いろいろありながら、これだけ映像化されているのも事実で、明らかに原作とは違った、「映像世界の『時をかける少女』」シリーズがある、というべきでしょう。

 実を言えば、私は大林宣彦が映像化した時をかける少女が大好きで、あれから大林映画のファンになりました。彼が叙情派ではなく、おそろしいほどの理論派であることは、また別の機会に譲るとして(4/9秒の言葉―4/9秒の暗闇+5/9秒の映像=映画)、いったい何度見たことやら。しかし、ここに新たな「時をかける少女」ワールドが誕生したことを喜びましょう。

 大林宣彦の湿り気を帯びた映像とは対象的な、抜けるような青空が印象的でありながら、どこかにグレイな思いを軽く一刷毛掃いたような映像です。



 

 

WHO KILLED THE FILM STARS? [DVD]
全部続けて見ると凝っているのがよくわかる。どのクリップもかっこよかった。特に(個人的には)デッドマンズ・ギャラクシー・デイズと、ブラッディー・パンキー・ビキニがとても良かったと思う。
改めてミッシェルってかっこいいなぁと実感した。

 

地球に落ちて来た男 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
Aladdin SaneからPinupsのころのライナーノーツでハインライン原作の異星の客の映画化だみたいな噂が流れてLDを買ったけど、異星の客とは似てるけど別の話。でも面白い。
SFXはメチャ安っぽいけど、そこは目を瞑る必要アリ。文無したった一人のエイリアンが貨幣経済の中で生きていくのに地球に無いテクノロジーを小出しにして起業家として成功して行く過程はリアリティがあって納得。
当時はフィルムカメラの時代でデジカメも携帯もないから、写真と言えば印画紙に焼いて見るものだし、動画はVHSビデオでテレビ画面で見るのが常識。たしかカラーの液晶ディスプレイとかフラットディスプレイとか、ましてや丸められるディスプレイなんて夢の製品だった。
印象的なのが、エイリアン商品のヒットとなるカメラは印画紙に見える出力ハードコピーの中で動画が動くもの。携帯やiPhoneに慣れた現代だったらさほど腰を抜かさないかもしれないけど、当時だったら一般消費者はたまげるはず。
舞台が70年代だと覚悟して観れば楽しめます。
BowieファンとSFマニアは必見。それからニコラス・ローグ監督作だから映像の肌理の細かさと美しさはさすが。まだカメラマンから監督に転向した直後の作品だと記憶している。

 

Who's Next
のイントロを初めて聞いた時に,全てを聞く前から,このアルバムはきっと凄いと言う予感がした。彼等のLIVEビデオを見ていると,この曲のイントロで聴衆の反応は際立っている。私は今でもこのイントロを聞くと心が高揚する。そして,勿論「ティーンエイジ・ウェストランド,イッツ・オール~」でそれは最高潮に達する。

おまけにこのアルバムにはちょっと出来が悪いレベルの曲が一曲もない。
エントホィッスルの「マイ・ワイフ」も傑作だし,「ブルーアイズ」「バーゲン」「無法の世界」「モーバイル」などの秀作が並んでいる。

でも,一つ大きな疑問がある。それは,後に発表される事になる「ピュアー・アンド・イージー」と言う名曲が何故にこの時点で落とされたのかと言う事である。「オッズ&ソッズ」の中のこの録音は秀逸な出来である。なのに何故?
「ライフハウス」のなぞは深そうだ。


 

フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ
CDで買い直してしまいました。Marlena Shawの最高傑作!JAZZYな雰囲気が気に入っています。彼女のいろんな面を楽しめるアルバムになっています。忘れていけないのは参加しているミュージシャン凄すぎます。ぜひ聞いてみてください。

 

Who Moved My Cheese?: An Amazing Way to Deal with Change in Your Work and in Your Life
A quick reading, but one that will remain.
It is a metaphorical parable that makes you nod everytime you turn a page.

The book begins with a section called "Parts of all of us"; a section which I found interesting.
It helps you relate yourself with the characters and the situation depicted in the main story.

The book will probably help you clarify your current situation and direct you towards your goal.
Have fun reading the book, and Good Luck to all!

和訳を読まれた方・・・原書を是非読んでみてください!!)
If you have read the Japanese translation, please try the original.
The English is not at all difficult! Give it a try!!

 

Who Moved My Cheese: The 10th Anniversary Edition
 300万部以上販売のベストセラー。
 迷路にチーズを探す小人とネズミの物語。
 環境が変化したときに環境を責めるのではなく、
 自分も合わせて変化する必要性を説いている。

 今の自分は変わりたいけど変われない・・・
 会社の主力製品が時代遅れになってきたが守るしかない・・・
 など、現状を変えられないと迷っている方にお勧めの一冊。


リブウェル 牧野谷 輝 (まきのや あきら)
メルマガ『1日2秒で1冊!究極の成功法則365冊』発行人
1日1冊ビジネス書を読み、その書評と名言を毎日1冊分紹介(無料)
http://www.mag2.com/m/0000265234.html

 

The Girl Who Played with Fire
登場人物の心象風景が克明に描かれている。特に主人公Salanderの孤独な世界は読者の心に残るだろう。
そして、題名の”The Girl Who Played with Fire”は彼女の痛ましい過去の事件から出ている。
English Patientの作者であるMichael Ondaatjeはこの本の登場人物を忘れ得ないと書いているが、純文学の一流の作家の心を捉えるミステリーなのだ。
ミステリーとしての息を呑むような筋の展開は後半まで待たないといけない。私たちがSalanderの人生に深く共感するにしたがって、彼女の運命に一喜一憂し、彼女が運命に立ち向かう姿に心を動かされていく。
第一巻の方がミステリーとしての謎解きの楽しみは大きかったが、この巻の方が人間描写はすぐれている。
最後にSalanderの出生の秘密が事件の鍵となる。

 

The Who 動画


Will WHO Mandate a "Swine Flu" Vaccine?



人気動画


アンタッチャブル アンタッチャブル山崎がタモリらにムチャぶりされる(※ダイジェスト版)
ニューヨーク バーニーズ ニューヨーク×Begin
金メダルへのターン ?水英雄(中名) 金メダルへのターン(日名)
ロキ RAGNAROK Loki Ragnarok Ending
ルイージマンション ルイージマンション ~肖像画のオバケ~ セ・ノバスチャン
奥華子 【PV】奥 華子「ガーネット」
エイジ オブ エンパイア cyac aoe3 1 4a nemuke vs airlity#2 part1
原のりこ ポンズ 美肌マッサージ
同窓会 斉藤由貴 - 同窓会 (1993)
熊野速玉大社 熊野川~熊野速玉大社

The Who 情報


ビブロス
片桐はいり
谷村奈南