ぷよぴたっ!

gooゲーム

読売ニュース



ドビュッシー、アルベニス&グラナドス:作品集
DENONの「ロシアピアニズム名盤選」シリーズ第3回発売から初登場となるオレグ・ボシュニアコーヴィチ(Oleg Boshnyakovich,1920-2006)のドビュッシー、アルベニス、グラナド
ス。

世に「ショパン弾き」という言葉がある。ショパンのレパートリーの中心とし、自他ともにショパン演奏において、一つの方向性を確立したピアニストに与えられる称号だ。いや、確かに「称号」かのしれないが、そのような呼び名はちょっと誤解を招くこともあると留意しておかなくてはならない。例えば、ここで聴ける“ショパン弾き”ボシュニアコーヴィチのフランス音楽、スペイン音楽があまりにもすばらしいから・・・

実際、ボシュニアコーヴィチは広いレパートリーを持っていたピアニストだ。彼の演奏スタイル・・・旋律線を大事にし、そこを中心にサポートする音たちを裾に配置するような演奏が、思った以上に汎性の高いスタイルだったということだろうか。それにしてもここで聴かれる楽曲たち・・・ことにアルベニスとグラナドスは素晴らしい。彼らの曲はギター曲としても有名だが、ボシュニアコーヴィチの手にかかるとピアニスティックなソノリティに満ちた作品へと変貌する。アストゥーリアスの色彩あふれるリズム感の鮮やかなこと!スペイン舞曲は歌謡性にあふれながら躍動性をも持ち合わせ楽曲の恰幅を雄大に整える。ロシアの大地において、しかも大半の楽曲について録音当時はソ連の統制時代だったことを考え合わせる。このピアニストの研ぎ澄まされた感性がいかに鋭敏だったかを感じさせずにはいられない。楽曲自体の素晴らしさまで再認識させてくれる偉大な名演だ。聴けてヨカッタ。

 

スペインの想い出~アルベニス作品集
「スペインの想い出」というタイトルで全編アルベニスの曲である。要するにアルベニスこそがスペインだといえるのだろう。

アルベニスはグラナドスと双璧をなす作曲家であるが、このアルバムでジョン・ウイリアムスは思い入れたっぷりに演奏していく。特に「アストゥリアス」はその後もジョンによっていろいろと手が加わっていくし、「セビーリャ」も後にフラメンコギターの奏法を取り入れていくなど、ジョンにとっては、収録されたら終わりではなく、このアルバムに入っている曲もどんどん進化していっているのである。

中でも一番好きなのは「コルドバ」である。ジョンとジュリアン・ブリームの二重奏による「コルドバ」には勝てないが、ソロとして聴かせる「コルドバ」はそれはそれで大変魅力的に仕上がっている。

クラシックギターらしさが強いこのアルバムは一種の入門編として勧めてもいいと思う。


 

アナコンダ 2 [DVD]
この手のジャンルは2は
大抵面白くなく、
ありきたりで襲われる人間がわかってしまうのだけどこれは中々良かった
ストーリーはありきたりだが、 他のモンスターパニック物はあまりモンスターが出てこないがこれはちょくちょく出てくる

スリルなシーンもあり
こいつ喰われるだろうなと思っても生きれたり、人間同士のトラブルがあり中々見物だった。
CGに関してはバレバレなとこもあるが気になる程ではない

あと猿が良かった。

3があれば見てみたい

 

新装版 カディスの赤い星(上) (講談社文庫)
著者がデビュー前に書き、10年経って単行本となり、その後20年して今回の新装文庫本が出たそうです。
主人公の軽いノリの冗談や皮肉には、上巻の半分くらいまで違和感を覚えていました。が、舞台がスペインに移るあたりから痛快にすら感じるようになってきます。
そしてラストはとても悲しい。プロローグにある「その秋、わたしは一度死んだのだった」がわかります。
いずれにしても古くささを感じさせず、今読んでも違和感なく楽しめる本です。

 

カディスの赤い星
舞台は、東京の銀座・青山他の界隈から
スペインへと移動する。
最後の最後まで、展開がパラパラと変わり、
目が離せない。
スペインは、地理的に、わからない事が
多かったが、この本を読むと、
絶対に『スペイン』へ行ってみたくなる。
それほど、面白いストーリーで、
読みごたえのある作品に仕上がっている。

本が苦手な人も、例えば、
夏休みなどで、一気に読み終えることだろう。

絶対に、読んでガッカリさせない本です。


 

新装版 カディスの赤い星(下) (講談社文庫)
直木賞・日本推理作家協会賞受賞作であり、作者の魅力の詰まった代表作。
PRマンの漆田は、日野楽器がスペインから招いた著名なギター製作家ラモスから、サントスという日本人のギタリストを捜してほしいと頼まれる。20年前ギターを求めスペインを訪れたサントスの腕は認めたものの、製作が追いつかずギターを譲れなかったことが心残りになっているというのだ。
卓越したギターの腕を持ちながら帰国後忽然と姿を消してしまったサントス。サントスを探す漆田は、彼の息子と思われるパコというギタリストをてがかりにサントスの行方を追うが、やがてラモスがサントスを探す理由の一つに行き当たり、巨大な事件の波に飲み込まれていく。
上巻では、「カディスの赤い星」の正体とそれに込められた目的が明ら!かになる。
サントス探しの他に、「カディスの赤い星」の正体、ライバル会社太陽楽器のPRマン理沙代との恋、「全日本消費者同盟」槙村との対決、テロと、読者を飽きさせない要素がふんだんに詰まった作品である。
「スペイン」「広告業界」と、この作品後の作者の方向性がみられる作品であり、まさに直木賞に値する作品である。
本作品は、1986ミステリー・ベスト10国内部門4位にランキングされた。同年は2位に
もう一つの代表作「百舌の叫ぶ夜」がランキングされており、作者の大ブレークした一年となった。

 

カディス 動画


Zen-禅と魚の取り合い



人気動画


ほるまりん メダロットR 第一章~遭遇~03
イシス Los abrazos rotos - Trailer final
ダイ・ガード Hashire Hashire - Me Singing
エルサレム アサシンクリード MB6 エルサレム 暗殺1
VANDALIZE Meck ft Dino - So strong (Vandalism remix)
悪魔城ドラキュラ Circle Castlevania Circle of the Moon (BearTank) Boss 4 - Adrameleh
片桐仁 片桐仁宅お宅訪問
南結衣 【アイドル☆育成計画】#7ダイジェスト
アリよさらば 頑張れ!アリさん (あり 蟻)
F8F FSX F8F Bearcat and Alphajet

カディス 情報


アルゼンチン
パチスロ
岡部まり