星座占い

Y!天気情報

シャッフルラジオ



Frida
2003å¹'度のアカデミー音楽賞ã‚'å-賞ã-、ジュリー=テイモアとサルマ=ハエックの名ã‚'上ã'た「フリーダ」のサントラです。
「タイタス」で非常にユニークなæ¼"出ã‚'見せたテイモアですが、サルマ=ハエックの統括力が強いのでã-ょう。アクはè-„まっているæ°-がã-ます。
彼女の持つå¯"意的な映像センスがフリーダという女性ã‚'描くに適ã-ていたã‚"でã-ょうね。

å...ˆè¡Œã-て観た「トーク・トゥ・ハー」ã‚'ラテン音楽の“静”のサントラとするなら、ã"ちらは完ç'§ãªã¾ã§ã®â€œå‹•â€ã®å...·ç¾ã€‚
泣きながらæ€'り、虚無ã‚'感じながら快楽ã‚'覚え、ひたむきに絶望とå'かい合う音楽が盛り込まれた名盤です。
ラテン音楽にはひとつの感æƒ...という枠にとらわれるã"となく、さらにその奥へと突き抜ã'る力があると感じさせます。

個人çš!„なお勧めは“La Llorona”でã-ょうか。
映ç"»ã‚'見た人にはお分かりでã-ょうが、映ç"»ä¸­å±ˆæŒ‡ã®åæ›²ã‚'チャベーラ=バルガス(!)が魂の歌ã‚'聞かせるくだり。
ã"の1曲だã'でã"のサントラは買いでã-ょう。

それにã-ても、ラテン音楽はæ€-い。人é-"の心のひだã‚'ã"ã"まで表現できるとは……。


 

映画「フリーダ」オリジナル・サウンドトラック
 映画「フリーダ」を見て、早速このCDを注文した。サウンド・トラック版だけあって、歌だけではなく、映画のバックで演奏されていた器楽曲も収録されているところが良い。また、録音の舞台裏などをパソコンで楽しめる(短いけれども)ような仕掛けもある。
 苦しみながら情熱的に生きた画家フリーダの生き様にぴったりの、ラテンミュージックである。

 それぞれの音楽が演奏されて映画場面を、解説でもう少し書いてくれたら、映画を見た人はもっと楽しめたのに、と思った。


 

カーロ (ニューベーシック) (タッシェン・ニュー・ベーシックアート・シリーズ)
好きな画家がいるけれど、画集が欲しくても大掛かりで・・・という人にはこのタッシェンのシリーズをまず1冊手にとられることをお勧めする。かなり多くの画家が収められているし、薄くても主要作品は押さえているし、評伝もしっかりしているので個人的には本当に気に入っている。

フリーダ・カーロについてはなかなかとっつきにくいのか、まだ研究がようやく出揃ってきた程度なのだが、このシリーズに入っていてくれて本当によかった。まずこの画集で彼女に触れて欲しい。主な作品はほとんど入っているので、気に入ったら評伝にも進んで欲しい。
一見シュールリアリズムのようだが、彼女は

「私は夢は描いていない。全て私にとっての現実」

と言い切っているように、女性の方がより彼女を理解しやすいのは事実かもしれないが、苦悩、苦痛、悲しみから目をそらさずに描ききっている。その生々しさは確かに激しすぎるかもしれない。しかし少しでも悲しみというものを知る者ならば彼女の作品には圧倒されると同時に共感し、出会えてよかったと思うだろう。

人間にとって痛みとは何か。苦悩のない人生などありえない以上、どんな辛いことにも必ず意味があるはず・・・正面から全てと向き合い、超克していくことに自分の全てを傾けた生き方の軌跡が彼女の作品だ。絵の中から見る者を見返してくるあの冷めたようでいて静かな力をたたえた瞳、彼女は本当にあんな目で全てを見返していたのだろう。


 

フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)
ジャングルの木々が茂る背景に猿と太く繋がった眉のフリーダの絵を見たのが最初の出会いだった。ある雑誌の特集だっただろうか、その強烈な個性と絵について書かれていたと思うのだが、「強烈な個性」という言葉以外、詳細について忘れてしまっていた。フリーダの映画が公開され、興味を再度持ったところ出会ったのがこの本だ。フリーダの絵をあまり見たことはなかったが、この本に綴じられている作品を観ると、「濃厚な血」の匂いを感じる、というか、ある種の衝撃なくしてそれらを観ることはできない。

リベラやトロッキー、イサム・ノグチといった時の文化人芸術家を魅了したのも、彼女の強烈な個性、自意識によるところが良くわかる。その一見華やかそうに見える遍歴の裏に、何度となく血を流すフリーダ姿が浮かび上がってくる。今やメキシコを代表する女性の画家として有名な彼女だが、その衝撃的な絵の数々は彼女の夫リベラに対する愛の渇望、叫びであり、強烈な個性を持つフリーダが同じく強烈な個であるリベラとの愛を生きる上でどうしても不可欠なものだったのだ。
本書のなかで、著者はメキシコ旅行を通して、そんな彼女の生涯の軌跡を辿る。とても読みやすく、彼女の絵を鑑賞するとりかかりとしてだけではなく、一人の女性の生き方の物語としても楽しめる一冊である。


 

フリーダ・カーロのざわめき (とんぼの本)

てんこ盛りの内容、印刷の発色もすごく良いです。

これだけスケールの大きいアーチストの世界を
コンパクトなサイズにまとめ、
本人の収録作品のチョイスもよいけれど、
モノクロの写真資料や記事なども、フリーダの世界の
奥行きと拡がりを感じさせてくれる。
フリーダの、激しく、美しく、切実な原色世界が
小さい紙面からはちきれて来そうです。

お値段も手ごろなのが嬉しいところ。

フリーダ・カーロの、
めくるめく世界に魅惑されるための、第一歩。

 

フリーダ DTS特別版 [DVD]
  フリーダの心の奥に潜む
  深くて暗い、孤独と痛み。

  艶やかで情熱的な色彩と力強いタッチ。

  それは、フリーダ自身の心を映し出しているのだろう。


  「私の人生でアクシデントは二つ。一つはバス事故。もう一つはあなた。」


  決して長くはなかった彼女の人生。
  しかし、その短くて儚い人生を
  こころのおもむくままに力強く生き抜いたフリーダ。
 
  そんな彼女は、画家フリーダとしてだけではなく
  一人の女性として感銘を受ける。

  心までをもハッとさせる、メキシコの鮮やかな色彩。
  全身がしびれるほどの、切ないけれどでも熱い旋律の音楽。

  色濃くて、なおかつ、直感的に生きていきたい
  そう思える作品。

 

フリーダ【廉価2500円版】 [DVD]
 全編に亘り鮮やかなラテン系の色彩で撮られていて、実に画面が美しく、芸術家を主役にした映画しては珍しく、いい意味で通俗的な演出なので、観ていて眠くなる事は無かった。

 登場人物にディエゴ・リベラ、シケイロス、トロツキーといったそうそうたるメンバーを見つけ鑑賞を決意。フリーダ・カーロの作品自体は昔から素人臭くてどうも感心しなかったが、このような伝記映画の素材としては分りやすいイラスト風で最適だと感じた。
 
 ディエゴ、フリーダ、トロツキーの配役はほぼイメージ通りで適役であったが、シケイロス役のアントニオ・バンデラスがどうも若造過ぎてミスキャスト、ディエゴに勝るとも劣らぬ濃いオヤジキャラでなきゃ。トロツキー暗殺にはシケイロスも一枚噛んでいたという話しが全く無視されていたのも残念。

 でもフリーダがトロツキーともできていたってのは知らなかったけど、本当?個人的趣味から言えば、詩人アンドレ・ブルトン、タブロー画家ルフィーノ・タマヨ、トロツキーの個人秘書にして論理学者のハイジェノールトも登場すればもっと嬉しかったけれど、それは無いものねだりでしょうな(
^‾;)

 ディエゴ役の人、どっかで見た顔だなあ、と思っていたら、はたと思い出しました。『スパイダーマン2』に出ていた、オクトパス博士ですよ。懐かしい!
 
 メキシコ現代美術に感心のある人には必見と言って良いでしょう。

 

歓びを歌にのせて [DVD]
ベタなメインビジュアル(ポスター、フライヤー、初期DVD)、超べたな日本語タイトル。
これだけで普通は見ない。
以前、アメリカのバイオリン教室のドキュメンタリータッチみたいな映画があって、
そのようなものだろうと思った。
みんなでコーラスを練習して、最後に盛り上がって終わりだろうと。

しかし見始めると、最初の数分で、そうではないことが分かる。
まず字幕:戸田奈津子と出る。この時点で(おやっ?)と思う。
そして主人公を巡る悲劇の数々が、淡々としたショットの積み重ねで物語られ、
観客は気づくと、頭頂部の禿げた魂を喪失した中年男といっしょに、
雪に包まれた北欧の小さな町にいる。

その後の展開は、一種の群像劇だが、
監督は思う存分一人一人のエピソードをフィルムに刻みつけていく。
安易な展開がいっさいない。
そして物語は最後の合唱コンクールになだれ込む。

最後で唖然とするようなラストがくる。
なんというラストなのだろう。

自分はこれを偶然早稲田松竹で見た。
映画館で見れて良かったと思う。

ちなみに監督は、18年間も映画から遠ざかっていた人。
奥さんが市民合唱団に属していて、映画のヒントはそこから生まれた。
スウェーデンの最高スタッフが彼のために結集し、制作にあたったという。
この映画の主人公の魂の喪失と復活の劇は、監督自身の体験でもあった。
だからこそ生まれた現実味と説得力だった。

 

フリーダ 動画


日本フォード フリーダ バンプロショップ長野店 (有)パワースタッフ



人気動画


池脇千鶴 CM 日本テレコム 池脇千鶴 くじらの声
ザ・ガードマン ザ・ガードマン オープニング~エンディング(後期)
とんがり帽子のメモル Memoru とんがり帽子のメモル EP 5 [1/3] [english subs]
Epoca gotan project - Epoca: un tango diferente
木星 木星
ののちゃん 興奮ののちゃん
ピクミン ピクミン 愛の歌
除菌イオン SHARP エアコン キレイオン動作中ヽ(^o^)丿
竹本泉 最高にかわいい猫がみれます Cat of 20 years old
加藤あい 加藤あい 新お嬢様フェイス 事実、美しい篇Ⅲ (07) メイキング

フリーダ 情報


機動戦士ガンダム外伝
リネージュ
愛してるよ