Tenchu shinobi hyakusen 013
Tenchu shinobi hyakusen 013
荒木飛呂彦インタビュー
荒木飛呂彦インタビュー
HG 18-7
HG 18-7
プロ野球スピリッツ6 WBCモード 3/3
プロ野球スピリッツ6 WBCモード 3/3
ひぐらしのなく頃にのやべーシーンを集めました(鬼隠しversion2)
ひぐらしのなく頃にのやべーシーンを集めました(鬼隠しversion2)
未来の想い出 - Last Christmas (3/13)
未来の想い出 - Last Christmas (3/13)
Mother 1-2-3 - Eight Melodies
Mother 1-2-3 - Eight Melodies
Gameboy -- Robocop 2 -- Playthrough 2/3
Gameboy -- Robocop 2 -- Playthrough 2/3
ミッキーのマジカルアドベンチャー4
ミッキーのマジカルアドベンチャー4




チョロQ HG3 アトラスベストコレクション
今回はレースに重点を置いた感じですね。
パーツもバラエティに富んでいて、シップボトム、サブマリンダー、ホバークラフト、キャタピラ、
ジャンピングヘリ、ジェットタービンなど、様々なものがあります。(しかしデザインがイマイチのような…。)
他には装備しているステッカーやクラクションなどによって一部性能にボーナスが付いたりします。

それとステアリングのパーツがなくなったため、重心移動を利用してドリフトする必要があります。
そのため、レース(というより操作)の難易度は上がっていると思います。

コースや街の風景(グラフィック)はHG2よりも向上してる感がありますが、
街の数が大幅に減った上、扉を介して他の街に行くというシステムになっています。

前作のHG2と比べるとどうしても見劣りしますが、それでも良作の範疇に入ると思います。

↓ちなみにHG3には、メーカー公式の攻略ページがあります。パーツの性能なども載っています。
http://www.e-game.co.jp/hg3/index.html

 

ジャングルはいつもハレのちグゥ(3) [DVD]
Illusion 7 (妄想じゃんぐる):ハレの誕生日にグゥがとんでもないプレゼントを贈る。この話のアイデア自体はそれほどでもないが、やはりの結末がやはり楽しめる。Illusion 8 (バッテン山田):狂気の新キャラにふりまわされるハレ。しかしこの話の一番の見どころはグゥとグプタの争い。マンイーターってなに?Illusion 9 (黒くて大きくて硬くて光ってて臭くて奇妙な声をあげるせーぶつ):ウェダがこのせーぶつに襲われた!助けに行って逆に倒されたハレが意識もうろうの中で見たワザ(原作にはない)がすごい。Illusion 10 (スキスキおじいさん):見どころは背後霊の話とクライブの受難。特にホラー仕立ての後半が笑える。

 

ミッキーとミニー マジカルアドベンチャー2
ミッキーとミニーが、カウボーイなどのコスチュームに変身しつつ、ジャンプしてアイテムをとったりしながらステージを進めてピート男爵のお城をめざしていきます。結構おもしろくてはまるゲームです。私は小学生の頃にはまりました。「まぁじぃかぁるぅあぁどぉべんちゃぁ~つぅ~!」というCMの歌も覚えています。

 このゲームは1994年発売のものです。だから今の時代のリアルな3Dゲームには劣りますが、カラフルだし、キャラの動きの工夫、きれいなオーロラなどのステージの工夫があります。

一人か二人同時プレイができます。ゲームの難度は3段階の設定ができます。前回とっておいたパスワードで続きから遊ぶことが出来ます。コスチュームによって、使えるアクションが違います。壁をのぼるときや木!のつるをすべる時はレンジャー、掃除機で敵やアイテムを吸い込みたい時はスイーパー、持ったり投げたりしたい時はノーマル、といったかんじです。だから、即座に判断して着替えるのです。ただし着替えの時はカーテンが出てきてゲーム一時中断状態で着替えます。アイテムがある、かくし部屋を見つけるのも一つの楽しみです。
 むずかしいものではないので小学生低学年向けといったかんじです。でも大人のかたも、不思議な世界を十分に楽しめると思います。


 

HG 1/144 ガッデス
ガデッサやガラッゾより割高になったこのガッデス…気がかりはGNファングのビーム刃を展開したパーツも付属するのでしょうか?早い段階からキット化の一報を聞いていますが詳細は不明。ガラッゾ(ヒリング機も追加パーツ付属せず)が中途半端な内容だったので少し心配です。まぁここまで来たらガガもブースター付で商品化して欲しいですね。

 

The immortal sin
2008年6月全世界同時発売!!!!


待った甲斐が非常にあった…。


80年代の札幌から全世界へ発信し続け、今も数々のバンドに影響を与え続ける結成20年、7年振り四枚目のアルバム「the immortal sin」(永遠の罪)!!


大規模なメンバーチェンジ、多数のライブ、原点回帰…etcを得て完成されハードコア、パンク、ロックの良い部分を吸収しまくり、最強で最狂、豪音の塊だらけな最高傑作!!!!


2006年にライブ会場限定配布した「Demo2006」と2008年4月に三枚同時リリースしたアナログ7インチシングルや新曲を含んだ10曲入り21分半!!広島の原爆の悲劇について歌われた一曲目「Rain in august」からラスト「Humanistic disorder」までが、戦争映画を観てるみたいで、どの曲もただ圧巻…!!そして、興奮。


ハードコア、パンクだけでなくインディーズファンやあらゆる音楽好きをノックアウトさせる事必至でしょうね!!

 

Z・刻をこえて/水の星へ愛をこめて
ニールセダカ作曲の曲。ガンダムの宇宙をイメージしたようなとても美しいイントロが素晴らしい。それにあわせて森口博子の歌もいい。このころのアイドルにしてもかなり歌がうまく何度聞いても飽きない。ホントにアニメ主題歌としても最高峰の出来であると思う。

 

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)
あのお方のお墓が現在の日本国青森県新郷村に存在するためにはッ!
ジャイロやジョニィの夢も希望も人生も打ち砕いて、空条のおじいちゃんが持って帰らなきゃいけないのかしら? 
レース外の事情を何にも知らないのに!
ストーリーに関わってないのに!
いや!
物語が、この世界の現実に着地しなきゃいけない筋合いは無いんだけど!
よく考えたら、あのお方のお墓もこの世界の現実じゃ無いような気もするしッ!
こんなこと心配しながらレースを観戦してるのはボクだけですか!

 

Trip,trance&travelling
久しぶりに感動した☆
おれの魂が仏恥義理にローリングジェットサンダーで今年はサマータイムブルース(BILLYバージョン)って感じスかね
死ぬ前に聴け

 

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編(1) (ガンガンコミックス)
  アニメを見て「ひぐらし」の世界にはまり、漫画を購入。

 絵は思ったより悪くなくて女性の方でも受け入れられると思うのですが、
  肝心のストーリーがアニメやゲームと比べて展開が早く、怖い場面が多い割には
 恐怖を感じられませんでした。 やはりこういうものはゆっくりと迫るようなペースが
いいです。 個人的にはゲームのほうが遥かにおすすめ。

 

マザー百科 (ワンダーライフスペシャル)
この本は攻略本として使うというよりも、マザーの世界を旅するためのガイドブックとして、とても良い出来です。町の名所などを写真を取り入れて、あたかも本当にゲームの世界の町が存在するかの様に、詳しく解説してあります。マザーの世界が好きな方にとっては、より一層リアルにマザーの世界を感じることができるかと思います!また、この本は様々な著名な方のマザーについてのコメントが多数載せてあり、それだけでも一見の価値はあります。まさにマザー百科という名に相応しく、様々な視点からマザーを楽しめます。