地方創生 ランキング!

地方創生 地方創生実現ハンドブック

日本の今後を考える上で地方創生をなくしては語れないだろう。自治体担当者や地方企業経営者のみならず、地方を元気にしたい人なら一読して損はない豊富な情報量。本著では全国の地方創生成功事例のほか地方を盛り上げるベンチャー企業の紹介をしている。地方創生×ベンチャー企業という新しい視点から地方を盛り上げるヒントがいくつも見つかるに違いない。比較的厚い書籍ではあるが写真、図も豊富で読みやすさも評価できる。 地方創生実現ハンドブック 関連情報

地方創生 地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか (ちくま新書)

本書が共著本であることは当然分かっていたが、本書が二人の対論を中心にまとめたものであることは、本書の『はじめに』を読んで初めて知った。私は、基本的に、相手がどう出てくるか分からない対論本は、いわばぶっつけ本番の一発仕事を文字に起こしただけ、あるいは、お互いが自分の意見を言いっ放しにしているだけで、推敲に推敲を重ねて原稿を書き上げた本と較べると、一冊の本としての精緻なまとまりに欠けると思っており、正直、対論本だと分かっていれば、絶対に本書を買っていなかったと思う。 さて、そんな本書は、まず第1章で、金井氏については地方創生と原発事故からの震災復興計画についての、山下氏については地方創生についての、それぞれの講演などの内容を抜粋・加筆して掲載し、以後の対論の取っ掛かりとなる論点提起としている。その中でも特に異彩を放っているのが、国が進めようとしている地方創生政策についての金井氏の皮肉たっぷりな見方であり、これを読まれた方は、その辛辣さ・過激さに、びっくりされるのではないだろうか。ただ、この問題については、表現の仕方こそ金井氏よりは丸いものの、山下氏も同じような危惧を抱いており、二人は問題意識を共有していることが見て取れる。 第2章以降の対論では、原発事故・震災復興と地方創生とを主な論点としているのだが、二人とも国や自治体、特に国を手厳しく批判している。ここでも、舌鋒鋭い金井氏の皮肉で辛辣な物言いは際立っており、ときには山下氏がフォローしている場面もあるくらいだ。特に、震災復興に全力を注入していると自負しているであろう国の職員からは、「自分たちはこんなに一生懸命やっているのに、いくら何でもそれは言い過ぎではないか」という反論の声も聞こえてきそうだ。政治や行政の裏側など知る由もない我々一般市民が、軽々に筆者のそうした批判の当否を判断することはできないとは思うが、それを承知のうえであえて言えば、皮肉で辛辣な物言いを穏当な表現に置き換えれば、総じて、決して的外れなことは言っていないとは思う。 また、論点についての二人の波長が基本的に合っているうえに、相手の得意分野を尊重し、テーマによって、一方が聞き役、まとめ役に回って相手に持論を展開させるといった形でお互いの役割分担を明確にしているので、お互いが自分の意見を言いっ放しにしているだけではないかという冒頭で危惧していたようなこともなく、噛み合った、まとまりのある議論になっていたとも思う。  地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか (ちくま新書) 関連情報

地方創生 稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460)

著者は、高校生の頃から、いわゆる地域活性化に現場で取り組んできて、成功も失敗も経験している。そして、豊富な経験に加えて、大学院での学びが加わっている。そんなバックグラウンドを持つ著者だからこそ、説得力のある本を書くことができるのだと思う。税金を使って民間が活性化事業をするのではなく、民間が利益を稼いで税金を払う、そんなあるべき姿で事業を実施しなければいけないという思いを強くした。そのためには、一人でも多くの人が本書を繰り返し読み、実践していくことが必要だろう。 稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460) 関連情報




Loading...


ここを友達に教える