底辺とは ランキング!

底辺とは

自分はこの商品の大きさを理解してうえで購入をしましたが、説明写真のマネキンをみただけで購入をすると商品が届いた時に、「だまされた」という気持ちになるでしょう。説明写真のマネキンは子供か140サイズくらいのマネキンを使用しているのではないかと推測されます。このバッグはそのくらいの大きさです。ペットボトルは3本も入りません。斜めにすれば、1本くらいなら入ります。ショート缶のコーヒーなら3本は入るでしょう。ただし、それ以外は入れられません。そのくらいの大きさです。一方、収納の機能は非常に良いです。細かく分けられた収納スペースには、出かける時に必要なものが十分に入ります。(長財布、ガラケー、スマホ(6インチ)、パスケース、免許証、ちょっとした薬、鍵など)。厚みがないので、満員電車でも周囲をさほど気にする必要はありません。ただし、ファスナーは容易に開けられるので、電車内では胸側で抱えていないと、スリの良い標的になります。背負った感覚は、背中にぴったりとしていて動きやすいです。両手が使えるのはとても便利です。地味なデザインが好みの自分には、お気に入りのアイテムになりそうです。購入を検討している方は、くれぐれも説明写真のマネキンだけで、大きさを推測しないほうがよいでしょう。 関連情報

底辺とは 最貧困女子 (幻冬舎新書)

衝撃的です。格差社会と言われ、新自由主義と自己責任が日本の常識になって久しいですが、格差の底にいる子供とそこから育つ大人の貧困の負の連鎖。貧困は折からの生活保護批判で制度の網にかかることなく、風俗産業がセーフティーネットになってるという現実。とりわけ、知的障害者が風俗産業でも3Kと呼ばれる「ハードSM・スカトロ・アナル」の現場で使われているのは衝撃的です。使われてる本人が搾取されてる自覚もなく、上がりコースもなく、歳をとれば、病気になれば、使い捨てられる。業者の「知的障害者は頑丈だから(乱交現場でも重宝する)」という言葉からもどんな形で取り扱われてるか伺いしることができる。生まれ育った境遇もハードそのもの。親も夜の世界で生きていて、義理の父親から小学生の時に強姦されそうになり「まだ入んなかったか」などと言われる。頭がクラクラくるほど信じられない現実がこの本に描かれています。筆者が「逃げ出したくなった」「実際逃げた」と述べているように、もう見たくないと目を背けるほどの醜悪で剥き出しの現実があります。また、地方都市において、昼間は普通の仕事をして、夜に週一回だけホテトルをバイト感覚でやる女の子が増えていること。女の子は職場や家庭にもその事実を伝えており、そこには後ろめたさは一切なく、むしろ女として売れることにステータスさえ感じているという。昼の仕事に加えて、こうした夜のバイトで地元の友だちよりもいい暮らしをできることに満足を得ている。こちらもどう考えていいのか、頭を抱えるような内容だった。セックスワーカーの社会化ということを最後に筆者が提言していますが、難しいだろうというのが個人的な見解。しかしこれは行政がなんとかしないと、この国の社会保障の根幹が揺らぐ。また、多くの人の目に見えないところで、おそろしく劣化していくこの国の現実を知る必要があると感じました。これは個人の自由や自己責任ではなく、社会で解決すべき重要課題です。 最貧困女子 (幻冬舎新書) 関連情報

底辺とは (ワンチャー) WANCHER ミリタリー スナイパー ボディー バッグ ipad 収納可 人間工学構造 TCbd177

デザインと機能性を参考に購入しました。見た目は、小さいバッグなのだが、収納スペースも便利であり、シークレットポケットもあるのだ。見た目じゃ解らない。大変使いがってが良くて満足でした。 (ワンチャー) WANCHER ミリタリー スナイパー ボディー バッグ ipad 収納可 人間工学構造 TCbd177 関連情報




Loading...


ここを友達に教える