ライフ・オブ・ブライアン ランキング!

ライフ・オブ・ブライアン マイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ

今やイギリスのみならず、全世界のミュージック・シーンの大御所であるスティング。ポリスのリーダーとして脚光を浴びていたのは我が学生時代だから、そのキャリアたるや堂々たるものであるが、ロック・ミュージシャンとしてのその素晴らしい業績については、自分は語る資格はない。自分でも言及出来る事と言ったら、例えば、デビッド・リンチの魅惑的な失敗作「砂の惑星」での尖がった悪役としての怪演ぶりであったり、「ブライド」での自ら創造した人造美女ジェニファー・ビールズと恋に落ちてしまうフランケンシュタイン博士を演じた危うさであったり、つまり、思いのほか出演作が多い演技者としての部分についてである。中でも、マイク・フィギスが監督し、ロジャー・ディーキンスがクールな映像を見せる「ストーミー・マンディ」でのジャズ・クラブのオーナー役は白眉で、全編ダークでハードヴァップなスプリットが漂うフィルムノワールの中で、主演のトミー・リー・ジョーンズやメラニー・グリフィスに負けない良い味を出していた。さて、今アルバムは、そんなスティングが、映画の為に提供した楽曲たちを集めた1枚。改めて、ラインナップを眺めてみると、ラヴストーリーからコメディ、サスペンスにアクション、ホラーに人間ドラマと、実にヴァラエティに富んだ作品が並ぶが、いわゆる世俗的に名作と呼ばれている映画は少ない。でも、これも、仕事を選ばない、じゃなかった(笑)、妙に権威主義ぶる事なく、どんなジャンルの映画にも惜しみなく素晴らしいパフォーマンスを捧げてくれる映画愛なのだと思いたい。オープニングからエンドタイトル、主題歌から挿入歌まで、様々な使われ方をされているが、どんなシーンでも、彼の甘く渋い円熟した歌声が聴こえてくると、それだけでムーディになり、画面に艶が醸し出されるのがさすがだ。スタンダードな名曲も多いが、収録されていて、個人的に嬉しかったのは、“Someone To Watch Over Me”と“VALPARAISO”。それぞれ、リドリー・スコットの華麗なるフィルモグラフィ―の中では過小評価されているのが口惜しい「誰かに見られてる」と「白い嵐」のオープニングとエンディングで流れていた曲。“ ♪ 私は森に迷い込んだ子羊みたい、誰か私を優しく見守って欲しい ♪ ”夜のNY摩天楼に浮かび上がる高層ビルを俯瞰しながらオープニングに流れる前者なんか、それだけで観る者を眩惑させ、甘美な恋の迷宮に誘ってくれるし、本編では、エンディングに対で使われるロバート・フラック版も併せて、数多いガ―シュインの名曲の中でも屈指の陶酔感が味わえる映画になっていた。スティング・ファンのみならずとも垂涎のアルバムだと思うし、映画ファンなら、押さえておいて良い1枚だ。 マイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ 関連情報

ライフ・オブ・ブライアン モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン(1枚組) [DVD]

一貫して、宗教や信条その他そのものではなく、それらを「盲信して、自分の頭で考えない人々」を徹底的にバカにして笑い飛ばしています。2010年の日本では社会的に許されないであろう内容や表現を含みますので、誰かと一緒に見る場合は要注意!? 日本人もバカにされてます! モンティパイソン映画の最高傑作とも言われる本編ももちろん爆笑につぐ爆笑ですが、特典メニュー→メイキング・ドキュメンタリー集の「できるまで」も、必見です。 モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン(1枚組) [DVD] 関連情報

ライフ・オブ・ブライアン モンティ・パイソン~ライフ・オブ・ブライアン【日本語吹替版】 [VHS]

宗教的に信じられてきたことへ一石を投じている感があります。とはいってもそこまで深く考えてみるよりは、ブライアンという歴史的な話に巻き込まれた青年の話と思って気楽に見るのが楽しいかも知れません。そして話がつながっているようで途中途中どっかにいっちゃうとこがまたみててバカバカしくて私は好きです。イギリス人の知人が大好きだといって、ビデオがのびるほど見てました。ブラックジョークが好きな人にはたまらない作品。 モンティ・パイソン~ライフ・オブ・ブライアン【日本語吹替版】 [VHS] 関連情報

ライフ・オブ・ブライアン モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン 完全版 [DVD]

欧米のコメディは、ほとんど笑えないものが多いが、これは笑える!山田康雄、増山江威子、広川太一郎らの吹き替え版だと、なおのこといい。劇場版ではありえないのが、特典だが、モンティ・パイソンの面々による解説が今回は楽しかった。「コメディはつくり込め」などという言葉は、軽薄な即興ばかりが幅をきかせている芸能の業界においては、力強くも重たい。笑わせることに、心底力を注いでいる彼らの姿勢があっての作品だろう。オープニングのアニメは、全編テリー・ギリアム制作。ギリアムのファンが、もう少し注目をしてもよいのでは。 モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン 完全版 [DVD] 関連情報

ライフ・オブ・ブライアン モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン [Blu-ray]

一貫して、宗教や信条その他そのものではなく、それらを「盲信して、自分の頭で考えない人々」を徹底的にバカにして笑い飛ばしています。2010年の日本では社会的に許されないであろう内容や表現を含みますので、誰かと一緒に見る場合は要注意!? 日本人もバカにされてます! モンティパイソン映画の最高傑作とも言われる本編ももちろん爆笑につぐ爆笑ですが、特典メニュー→メイキング・ドキュメンタリー集の「できるまで」も、必見です。 モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン [Blu-ray] 関連情報




Loading...


ここを友達に教える