夜になるまえに ランキング!

夜になるまえに 夜になるまえに ― オリジナル・サウンドトラック

ずっと見損なっていた映画を相当遅れて、やっと観ました。ジュリアン・シュナーベル監督作品3作中ではベストだと思いました。そして、音楽もベストでした。特にキューバン・ミュージックのファンではありませんが、絶妙な陽気さと哀愁のミックスチャーは、当時のキューバを音楽自体が映画の主題を物語っていて、素晴らしい!単に、あの映画に対する選曲が良かっただけかもしれませんが・・・。逆に、音楽は音楽で完全に独立したパワーをもっており、音楽を聞いても映画のシーンを思い起こさせない。通常映画は、映像と音楽が表裏一体になっており、どちらかが欠けると、どちらかだけだと、その両方の「マジック」が失われる。何度も、それには失敗した経験があり、今回は成功!でした。映画の内容と同等にその音楽も優れていたと思います。そして、原作も読みましたが、敢えてあの作品を映画化したシュナーベルを監督として尊敬します。おそらく、一作家として原作者に対する深い共感と愛情があったからできたことでしょう。その深い思いが、音楽に至るまで徹底的にこだわったことが伺える一作そして一枚です。 夜になるまえに ― オリジナル・サウンドトラック 関連情報

夜になるまえに 夜になるまえに [DVD]

主演のハビエル・バルデムが、アカデミー主演男優賞候補になり話題になった作品。時代は、キューバ革命前から描かれる。同性愛の作家が、カストロ政権下で迫害と弾圧を受けつつ、自由を求めて亡命する。自由って何だろう?と考えさせられた作品だが、決して重くはない。人が人を思う気持ちは止められないもの。肉体は滅びても、思想は滅びないもの。共演者として、J・デップが二役で登場するのが見所。取り調べを行う軍服姿が凛々しい美形の将校、あっと驚くような女装のボンボンちゃん。J・デップの美しさを再確認できるような二役だった。無修正でオヤっと驚くような水中シーンあり。浜辺で語られる「ゲイ」の種類のうんちくが面白い。万人受けは難しそうだが、J・デップファンを含め一見の価値がありそうな作品。キューバ革命、カストロ政権をちょっと違う角度から捉えていて、興味深い。「自由」を求めた末に得たものは・・皮肉。 夜になるまえに [DVD] 関連情報

夜になるまえに 夜になるまえに

 波乱に満ちた生涯をおくったキューバの作家レイナルド・アレナスの凄絶な自伝です。 反体制的な人物であり、また体制下のキューバで弾圧の標的にされたホモセクシャルでもあったアレナスは、1973年の夏、浜辺で知り合い関係を持った男の子たちとのごたごたから収監されます。本書は、監房から抜け出したアレナスが逃亡中に公園で書き始めたものです。『夜になるまえに』というタイトルは、字の見える、夜になるまえの時間しか書けなかったこと、また「警察に見つかったときにぼくを待ちうけているもう一つの夜」(=完全な暗闇の生活)を意識してつけられました(本格的に書かれるようになったのは、その数年後、アメリカに亡命してエイズを発症してからのこととなります)。 幼い頃の貧しい生活から家族のこと、男たちとの奔放な性体験、友人、文学、逃亡、監獄生活、フィデル・カストロや故国キューバについてなど、さまざまな事柄が回想されています。 アレナスは常に権力によって抑圧されたため、本書で語られる回想には過酷なものがあります。しかし、解説で訳者の安藤哲行氏も指摘していることですが、アレナスの文章にはいつもユーモアがあり、読者を鬱々とはさせません。それどころか、厳しい状況を書くときほど文学や自由への強い憧憬があふれだし、瑞々しい感性がいっそう輝くように感じられます。 夜になるまえに 関連情報

夜になるまえに 夜になるまえに【廉価2500円版】 [DVD]

 数年前、この映画がDVDになってすぐ購入しました。誰が出演しているとかナントカ賞にノミネートとか全然良く見もしないで、「良くできた映画だなあ」「ケバい奴が出てるなあ」というレベルの認識でそのまま棚に置きっぱなしだったのです。それを数日前に引っ張りだして再び鑑賞しました。 この映画のラスト近くになると、前回見た時とは違って主人公の心がよくわかるようになりました。キューバに失望して米国に来たのにもかかわらず、この地でも絶望しか彼は得られなかった。何と文学者の魂は孤独なのでしょうか。 夜になるまえに【廉価2500円版】 [DVD] 関連情報

夜になるまえに 夜になるまえに [DVD]

ホモセクシャル、キューバ国、カストロ、革命、弾圧、投獄、亡命、エイズ、並べて見るとレイナルドの波乱万丈な人生を容易に想像できる。しかし実際は想像以上の厳しい人生だったであろう。何事にも真正面から対峙したレイナルドに感動した。シビアなストーリーにもかかわらず、思わず笑ってしまう場面も多い。「ホモセクシャル」は大きなキーワード。ショーン・ペン、ジョニー・デップの出演は特筆に価する。特にジョニー・デップの二役については、本作品の価値とは全く別にして賞賛したい。それを自分の目で見ることを是非お勧めする。それによって本作のすばらしさも同時に体験できるものと思う。 夜になるまえに [DVD] 関連情報



人気動画!