高良光莉 ランキング!

HIBRIA (ヒブリア) - PAIN (ペイン)

Pre-sales: JP - http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICP-1736/ NA - http://www.testyourmetalrecords.com EU ...

ハワイ生活 牛角 食べ放題に行きます

ご視聴ありがとうございました.

LittleJ - AUTUMN/WINTER LOOKBOOK

AUTUMN/WINTER LOOKBOOK Musique https://soundcloud.com/le_marquis/all-good-lemarquis-marl... Codes promos en ...

高良光莉 100KAIDAN その四拾九「卒業写真」

出演:高良光莉 作:山名宏和 ディレクター:米嶋悟志(WINSWIN) 榊原佑記(WINSWIN) 音楽効果:北澤 亨(フナヤ) MA:浜田直樹...

ここを友達に教える

高良光莉 ランキング!

高良光莉 Orange Ananas (オレンジ アナナス) teppan メンズ 重ね着風 パーカー ボリュームネック タイト デザイン

胸囲が少し表記より大きい感じがしましたあと全体少し薄手で中に重ね着してるみたいに見せるにはすっきりしていい感じだど思います Orange Ananas (オレンジ アナナス) teppan メンズ 重ね着風 パーカー ボリュームネック タイト デザイン 関連情報

高良光莉 ボディファンタジー ボディスプレー プルメリア 50mL(455001001)

南国的な甘い香りです。このシリーズの中で、比較的、個性的な香りです。多分、好き嫌いの出る香りだと思います。サッパリ系の香りが好きな方には、あまりおすすめ出来ません。個人的には、わりと好きでした!! ボディファンタジー ボディスプレー プルメリア 50mL(455001001) 関連情報

高良光莉 Autumn Tour 2015"Where's my PUPPY?"(DVD)

 オーディエンスを楽しませるエンターテイメントライヴとしては素晴らしかったと言えるでしょう。 絶対に帰って来ると約束した日本武道館ライヴから4年。辛い時期を幾度も乗り越え逞しくなった5人の弾ける笑顔を、またここで観る事が出来て、本当に良かったです。しかし、今回のファイナルが、私たちオーディエンスのせいで完全燃焼とまでいかなかったのは、周知の事と思います。 Zeppと同じという訳にはいかない日本武道館の音響設備で、ツインボーカルの体調を考慮して、頻繁にキー操作の必要があったスタッフさんの大変さが伝わってきてしまいました。(これは、DVDでは修正されると思います。) Wアンコールの衣裳チェンジも、5人には少し負担が大きかった感じがしました。  そして、初参戦の有無に関わらず、気持ちを作って今まさに歌おうとしているアーティストに、ステージ上から「静かに!」と、注意されるなんていう経験をしました。 日頃の「僕たちの音楽をちゃんと聴いて下さい。」というFTISLANDのメッセージを無視して、トーク中も演奏中もずっと名前を叫び続ける人(もちろん、Priさんでは無いでしょう。)には、「ここは静かに」と、周りが言ってあげても良いと思います。「あなたの叫び声を聞きに来たわけでは無いよ。」と。 楽しくて、嬉しくて叫びたい気持ちはよく解かりますが、これはもう個人のモラルの問題です。 Zeppの一体感が素晴らしかっただけに、DVDとして残すのは、今後はファイナルでなくても良いのでは? という気がします。 変幻自在のFTISLANDと一体となって、どこまでも付いて行けるPriの皆さんからすると、投げられた球をちゃんと投げ返してあげられなかった、初参戦の方々を引っ張る事が出来なかった私たちの力不足。 ZeppではLEE HONGGI氏に「日本のPrimadnnaを、この箱ごと持って世界を廻りたい。」と、言ってもらったのにと、メンバー5人にでは無く、私たちオーディエンス側に悔いの残るライヴでした。 信頼出来るメンバーと共に歳月を重ね、信念を貫きつつ、柔軟性も兼ね備えた雰囲気に変わってきたFTISLAND。『Where's my PUPPY?』ツアーは、『FREEDOM』ツアーに匹敵する長丁場の為、LEE HONGGI氏の喉への負担を少しでも軽くする演出が随所に見られました。 結果、カッコ良くて面白いアコースティックも取り入れて、これまでとは少し違う、新鮮なライヴになりました。 最初のMCでLEE HONGGI氏が、「今日はDVDの撮影だから、トークは少なめにと言われている」と切り出しと、CHOI JONGHOON氏が、「広島では、2時間45分もライヴをやって、そのうちホンギの喋りが50分もあった。」と、暴露。「喉を休める為だよ。」と言いながら、この日もわりとトーク多めでした。 皆さんの衣裳なんですが、LEE HONGGI氏は、やっぱり暑そうなモヘアのセーターでした。SONG SEUNGHUNG氏は、広島の時よりヤクザっぽいと、メンバーに突っ込まれ、何を着ても良く似合ってしまうLEE JEAJIN氏は、5人の中で一番鮮やかな衣裳。 そして、LEE HONGGI氏が、歌いながら全体を良く見ている事に驚きでした。 CHOI MINHWAN氏が、オープニング曲だけで衣裳を脱ぎ捨てたのを覚えていて、「おまえ、せっかくカッコいい衣裳だったのに、なんで一曲で脱いだの? バカかよ! ただの白いTシャツじゃん。」そう、私もそう思いました。あ~あ、ただの白いTシャツ・・・と。たぶん多くの方が、そう思ったのでは? そんな時もうちのドラマーはマイペースでニコニコしながら、「袖が、ちょうどスティックに引っ掛かる長さで、ドラム叩けないから。」頼もしいです!   それにしても、これまで何度も同じ様な事があったはず。[ベースに邪魔な衣裳][動きにくい衣裳][裾が引っ掛かる衣裳][暑くて、体力を消耗する衣裳]・・・主役にストレスを与える衣裳なんて信じられません。 スタイリストさんの責任問題にはならないのでしょうか。(よく、LEE HONGGI氏はスタイリストさんを擁護していますが、ちょっとは学習して欲しいものです。)「面白いよ、いつもフニは着られれば何でもいいっていう感じなのに、今日は朝から3回も着替えて。どうしたの?誰か来てんの?」と、LEE HONGGI氏に聞かれ、CHOI JONGHOON氏が「親、親」「僕は誰も来てない」と話すLEE JAEJIN氏に、「おまえの親は、ジェジンに興味無いから」と、言ってしまったLEE HONGGI氏。「僕の親をそんなふうに言うな!」と怒られて、「ごめん。そういう意味じゃなく、おまえは優等生だから、親が心配がしなくても大丈夫っていう意味だよ。」と、必死に謝っていました。(この日は、LEE HONGGI氏のお母さんもお見えでした。) 序盤、LEE HONGGI氏はいつも程動き回る事なく、立ち止まって歌う事が多かったのですが、”パラレルワールド"明けだったかのMCで、「実は昨日病院に行って、今日本番前に飲んだ薬が強すぎて、意識がボーっとしてる。今のがバラード曲で良かった。ロックだったらヤバかったかも。」  はたして無事終わるのかと思いましたが、その後持ち直して徐々に目力も復活! 中盤以降はいつも通り、ステージとバックスタンド側も走り回って絶好調でした。 『そう、この日の私の席は、LEE HONGGI氏の目力が肉眼でも確認できる位のベストポジション。ステージセンターやや左より、LEE JAEJIN氏とSONG SEUNGHYUNG氏の間あたりでした。』 神席とまではいえなくても、7年目にしてやっとここまでたどり着いた感じで、チケットを何度も確認してしまいました。 ステージ近くで気付いた事といえば、オーディエンスが歌う時は、LEE JAEJIN氏がちゃんと、ひとりひとりを見て、笑いかけながらうなずいてくれているという事。 SONG SEUNGHYUN氏は、本当に頻繁に花道の端ギリギリまで出て、バックスタンドも回り込んで、多くの人を楽しませている。 そして、この日のCHOI JONGHOON氏の髪がサラッサラで美しかったです。 『Where's my PUPPY?』ツアーは、すんちゃんが一番頑張ったと、メンバーの皆さんが初めから言っていましたが、そのギターのカッコいい事。お兄さんとのセッションも最高だったし、声も良く出て、夏ツアーの時のように心配した兄二人のが付きっ切りになる事もなく、日本語トークも自信有り気で本当に良かったです。 "Moon light"は全員がリラックスして合唱大会。LEE HONGGI氏の休憩タイムですね。CHOI JONGHOON氏の「大学生のお兄さんバージョン」CHOI MINHWAN氏は「真面目バージョン」と「キヨミバージョン」で2回聴けて、SONG SEUNGHYUN氏の「オペラバージョン」は、客席に響き渡る声でした。LEE JAEJIN氏の「ミュージカルバージョン」は、全身を使って身振り手振り。ひざまずきながら愛情表現たっぷりで、メンバー大喜び。さすがの声量でした。 そして、後日思い出したのですが、あまりの豹変にLEE HONGGI氏の記憶が飛んでいました。「超おバカな子バージョン」 初めは可愛らしく、でも、段々と恥ずかしくてなってわざとアホっぽく。(すみません、良い言葉が浮かばなくて)メンバー唖然、そして、大爆笑でした。LEE HONGGI氏が一番楽しんでいました。 素敵なバラードで、これだけ遊べるのは凄い。しかも、せっかくバラードなのに・・・なんていう感じが一切なく楽しめるのは、場数を踏んできた証なのだと思います。  ここで、みんなで思いっきり騒いで楽しんだ後、「今までとは、ちょっと違うFTISLANDを見せたかったから。今日は真面目にって言われていたんだけど、こんなに遊んじゃって、バカみたいに騒いじゃって。今日来てる音楽関係者の皆さん、知り合いの人たち。本当にすみませんでした!!もう二度としません!!!」 LEE HONGGI氏がこう言って、深々と、頭がひざに付く位のお辞儀をするので、会場中爆笑しながらも大拍手。 止められてもやる。してやったりのFTISLANDなのでした。 賑やかに弾けるこんなライヴも良し、音楽に徹した『The Passion』のようなライヴもまた良しです。 最近のライヴでは、「座れ!」とか「まわれ!」とか「飛べ!」とか、ほとんど言わなくなったLEE HONGGI氏(分かってるでしょ)という感じなのですが、この日の日本武道館は、初参戦の方が特に多く、"FREEDOM"で一斉に座ったPriさんたちを見て??となったオーディエンスに、CHOI JONGHOON氏、LEE JAEJIN氏、SONG SEUNGHYUNG氏が、それぞれの方向に座ってと、身振りで促していました。   LEE HONGGI氏も、「今日は初めて来てくれた人が多いんだよね。」と、明らかにZeppとは違うオーディエンスの反応に、ちょっと戸惑いつつ、命令口調は意識して控え目にしている感じでした。  広島ライヴで『ファイナルはハロウィンパーティー』と告知していましたが、こんなに本格的になるとは思いませんでした。 今までDVD撮影日の日本でのイベントとしては、コーナー全てが未収録となった『FREEDOM』の『FTクラブ』と、2009年のZepp Tokyoのクリスマスライヴがありましたが、それでもサンタ帽を被って、マントを羽織り、スノーパウダーをかけ合いながら歌ったくらですから、このハロウィンパーティーを楽しみに購入される方は、(カットされない前提で)この先は読まれない方が良いかと。 そして、ここからメンバーの皆さんの呼び方変えさせていただきます。そのほうが、雰囲気が壊れないと思うので。 アンコールが終わると、5人はそそくさと引っ込み、衣裳チェンジ。スタッフさんが、ステージをハロウィン仕様に飾りつける間、会場はウエーブが何周もしていました。  やがて下手から、ひとりヨロヨロと出て来て、苦しそうに「ウ~」とか言っているのを見て、ほとんどの方が、"体調不良で倒れそうなホンスタ"を頭に描いてちょっとザワつきました。が、よく見ると、全身に血のり。振り返るとカラーコンタクトに顔はアザだらけの『ゾンビホンスタ』でした。リアルで気持ち悪い動きをしながら(リアルゾンビを見た事はないですが)楽しそうに「僕の友達をひとりずつ紹介するね。」と。 「魔法の国から来た友達」二番手はハリーポッタージェジ。キャ~! と、あちこちから悲鳴。あまりにもよく似合って本家ダニエル君よりも全然良い!! (ダニエル君ファンの方ごめんなさい)まさにジェジのためのコスチューム。そしてメガネがキュート。魔法の杖を振り回して,呪文を唱える度に、大盛り上がり。 「ゲームの国から来た友達」三番手はスーパーマリオミナリ。ぴょんぴょんととんで来て、鼻プインを何度か披露。ミナリペンさんはキュン死です。 次は「アメリカから来た友達」四番手はスパイダーマンすんちゃん。登場の仕方からスパイダーマンになり切ってカッコいい!! 頭からすっぽり全身タイツなので、一瞬(ん?・・・どっちだ?)と思ったものの、あの脚の長さはすんちゃん。 普通、全身タイツだとちょっとお笑いの要素が入ってしまいそうですが、とんでもない。映画から抜け出して来たようにカッコ良かったです。 そして最後は「宇宙からきた友達」トランスフォーマーフニ。登場した瞬間、会場からどよめきが。これはもう被り物などというレベルでは無く本格的。フニ様、本気で変身しちゃってる感じです。楽屋でテンション上りっぱなしだったのも分かります。Wアンコールまでの間が長かったのは、どうやらフニ様待ちだったようです。 5人が集合してから、ホンスタ喋っていた気はするのですが、それぞれが何かやり始めるので、どこを見ていいのか分からず、トークも耳に入らずでした。 フニ様、フェイスだけはすぐに外しましたが、これまたカッコいいトランスフォーマーフニの横で、さっきまでカッコ良かったスパイダーマンすんちゃんが、ハリーポッタージェジに魔法をかけられて、悶えているのが見えました。 すんちゃん、定位置に戻る時には、マスクで前がよく見えず、誰か(たぶんジェジだったと)に手を引いてもらって、おじいちゃんの様。どこを見ても笑い止まらず。 Wアンコール曲を前に、フニ様とすんちゃんがあたふた。 スタッフさんからギターを渡されたフニ様、「これでやるの?」という身振りで、ストラップを肩に掛けようとしたけれども入らず。「意外と色んな物がいっぱい付いてるんだね。」と言いながらホンスタが手伝って、フニ様の背中からパーツを剥がしていくけれど、途中で曲スタート! すんちゃんは、タイツの頭と腕を抜いたら、伸縮性のある生地は、股下がひざ位まで段々とずり落ちて、頭の部分がちょうど股間のあたりにベロ~ンと垂れ下がり、「おまえ、やらしいよ」と、ホンスタに何度も言われていました。 曲の途中でもタイツを引っ張り上げながら、変な姿でカッコよく演奏していました。 5人全員がよく喋り、よく遊び、よく歌って大盛り上がりだったハロウィンパーティーのオーラスは、"Flower Rock"では無く、"未体験Future”でした。 Wアンコールの準備に時間を取られる事を想定して、定刻通りにスタートしたのですが(通常は5分10分は遅れます。)"未体験Future"の後、ファイナルのオーラスにまわした、大事な日本メジャーデビュー曲"Flower Rock"は、時間内に入りませんでした。 今回は座席の追加発売があって、全スタンド開放の360°オーディエンスとなりました。全方向からステージを囲む黄色い光と、ステージから立ち上がる青い光は、DVDでも美しいと思います。  4年前の日本武道館ライヴは、本編とアンコールの二枚組でDVDが発売されました。 "FREEDOM"ツアーの『FTクラブ』の様に、ハロウィンパーティーのWアンコールそのものが、丸ごとバッサリカットなんて事は、どうやら無さそうですが、出来ればどこもカットされる事無く楽しみたい。 そして、2010年の『Hand's up』ライヴDVDは、Zepp Tokyoと日比谷野音の二本立てで、全46曲の2枚組でした。 今は、複数日にDVDの撮影隊を入れるのは無理なのでしょうが、FTISLANDの魅力がギュッと詰まったZeppの『Where'smy PUPPY?』もDVDになってほしいですね。 会場全体がステージと一体化して酔いしれる。そして、「信じて任せる」と、言ってもらえる。そんなライヴは、また次の機会に・・・。 最後に、放物線ではなく、割と直球で飛んできたジェジタオルを、私の隣りの隣りの方が見事にキャッチ。 取った方は、心の声で(ごめんなさい、私が取っちゃって。ほんと、すみません)という感じに、周りにご挨拶。そして、周りの方々は笑顔で拍手。次に、幸せのおすそ分けに、みんなでジェジタオルを「御触り」しました。  世界に誇れる日本のPriさんたちは、やっぱり最高です。 Autumn Tour 2015"Where's my PUPPY?"(DVD) 関連情報

高良光莉

すべて一巡しまして終了後の率直な感想を・・・・イヤーこのコストパフォーマンスほかのメーカーに見習ってもらいたい!!声優さん方 大変だったでしょうお疲れ様でしたー すばらしかったよー欲を言えばスチルやシステムのボリュームアップを希望したかったですがシナリオのクオリティで見事にカバーしっかり世界観に入り込めますよおまけも充実大満足!!以下それぞれの感想です'@ノーマルストーリーさわやかな秋の学園生活春組も交えてにぎやかに過ごします とにかく学生らしいさわやかさナイトが増えに増えまくって相変わらず主人公は・・・姫ですなもうすっかり慣れましたが(笑)'A琥太郎ルート失恋EDから始まります相変わらずの○タレ(失礼)っぷりその分主人公が押しに押しに押しまくるここまで女性に言わせるのは 酷だわでも誠実な彼らしく いろんなことがきちんとしています世の中の男性諸君よ見習いなさーい(笑)'B郁ルート冷たい態度はヤキモチの裏返しすねた態度もばんばん 時には意地悪も郁なりの愛情表現ですが高校生で彼氏がこんなんだったら絶対面倒くさい(苦笑)でもそこは大学生になった主人公うまーく操っていきますそこを乗り越えたら もう・・・・すごいよ甘甘遊佐ボイスであの展開は・・・反則ですぞ!!'C直獅ルート3人の中では一番大人に感じたちびなのに(関係ない)一番大きく感じましたエンディングにたどり着くのが一番楽だったたぶん直獅先生が素直だからかな?うんうん秀一なのがおまけシナリオ「何でこんなにほのぼのなんだー」幸せってこんな当たり前で些細な出来事だって気づかせてくれる素敵な時間をもらえますよとにかく共通して 個人ルートが 長い春組が絡んでくるもの良かった(特に錫也ルートは怖いくらいだった(笑))そしてBADエンドから抜け出すまでが大ーーー変!!だからこその達成感満足感そして糖度の高さ甘すぎて 何度悶絶したか・・・・・うふふ大人たちとの恋だからこその醍醐味ですな年齢大人の私も大満足の作品でしたよ ふー恋っていいなぁ冬も楽しみでーす←吉報!鈴村さんご結婚おめでとー 関連情報

高良光莉 LECIEN クロスステッチキット 〈Aloha Stitch アロハステッチ〉 No.7865 ハワイ諸島

思ってた以上に可愛くできました。額に入れたら一段と素敵です。 LECIEN クロスステッチキット 〈Aloha Stitch アロハステッチ〉 No.7865 ハワイ諸島 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]