たもりただぢ ランキング!

たもりただぢ 百合×薔薇 (愛蔵版コミックス)

小説原作のコミカライズのようです 原作は読んでません百合xバトルに惹かれとりあえず表紙買いしました中身も表紙絵そのままで崩れ等ありません姉の策略で女学院に女装させられた主人公(表紙(男の娘ではない)が入学表紙絵にある大剣使って学園を仕切ろうとするが'1.クラスの委員長とバトル→勝利→友情+ツンデレ'2.同学年のクラスが参戦→クラス対抗バトル'3.学年最強8人の一人「君の強さのヒミツを知っている・・・」とバトル'4.クラスの勝利&主人公の勝利→ENDな 流れでしょうか・・・武器は具現化系能力でナイフ〜生物wまでバトルシーンも敵味方うまく描かれていますし纏められ表情も良しですただ残念?なのは「そしてこれから俺達の戦いは続く・・・」パターンの一巻完結で百合百合してなくて 主人公以外女性しか出ない異能バトルマンガ と纏めて言えなくもないな感がありますでも コミックから小説に以降するには良いキッカケではないでしょうか 悩ましい買い物でしたw 百合×薔薇 (愛蔵版コミックス) 関連情報

たもりただぢ シザーマン (チャンピオンREDコミックス)

本作の原作を手掛けたのは『R.O.D』『かみちゅ』『かんなぎ』『CLOTH ROAD』で知られる"倉田英之"さん。『R.O.D』では「神」と「紙」を掛けていましたが、魔女を狩る(刈る)べく戦う散髪屋が主人公の本作は「神」と「髪」・「切る」と「斬る」と「KILL(殺す)」が掛かっています。作画を担当した"たもりただち"さんは『TRIGUN』で知られる内藤泰弘さんの下で一時期アシスタントをしていただけに、随所に内藤作品を彷彿とさせるゴツイ武器によるダイナミックなアクションが展開!!。全体的に細かなストーリー云々は切り捨てハイテンション&アクションで突っ走る展開には潔さを感じました。一応主人公の訳ありっぽい過去も少なからず描写されるのですが、結局最後までその辺りには踏み込まずに終了。残念な事に元々短期集中連載作品だったそうで続巻の予定はなくこの巻で完結らしい。せめて中ボス級の敵を倒すなど区切りの良い所まで話を進めてくれれば良い物をホントに尻切れ蜻蛉だったんでビックリです。恐らくこのコミックの売れ行きや反響が大きければ今後本連載が始まる可能性も出てくるのでしょうが作品自体マイナーだから多分無理だろうな(苦笑)。個人的には是非ともこの後のストーリーを読んでみたいのですが…。 シザーマン (チャンピオンREDコミックス) 関連情報




Loading...


ここを友達に教える