頼経明子 ランキング!

荒川静香、ドーナツくわえてイナバウアー!氷上で“シュールな舞”披露

高画質☆エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓ ...

有吉、櫻井爆笑 井戸田潤の長谷川潤への眉毛質問で、三戸なつめが学生時代、全剃りだったことを暴露w

櫻井有吉アブナイ夜会番組で井戸田潤の長谷川潤への眉毛質問で、三戸なつめが学生時代、全剃りだったことを暴露に有吉、櫻井爆笑

Hayley Westenra - Haru Yo Koi (春よ,来い)

All rights and copyright belong to Decca Records and Universal Music Group 2012. Don't forget to turn on the subtitles!

名言集 一言一慮 第十三章 「誠を生きる」

「自信は確信に」 誰よりも早く現場に駆けつけ、誰よりも話を聞き、共に考え、行動します! このまちの「ミライ」を皆様と共に描き実現しま...

ここを友達に教える

頼経明子 ランキング!

頼経明子 Hayley Westenra: Odyssey (Piano Voice Guitar)

ネバー・ソウ・ブルーの楽譜が欲しかったので買いました。ピアノ+歌で見やすく表示されています。英語表記ですが、もともと英語の歌なので特に問題はありません。日本では出てないみたいなので、これを買うしかないですね。 Hayley Westenra: Odyssey (Piano Voice Guitar) 関連情報

頼経明子 純~21歳の出会い~ヘイリー・ミーツ・ジャパニーズ・ソングス-デラックス・エディション(初回限定盤)

今や音楽業界の中で、ひとつのジャンルとして確立された感のあるカバー・アルバム。さすがに、食傷気味の気もするが、かつて「アメイジング・グレイス」でブレイクしたヘイリーが、キラ星の如く輝く日本のシンガーたちの名曲の数々を英詩で歌っているのに興味を覚えたのと、やはり本田美奈子とのコラボが聴きたくて購入した。収録されているのは、「アメイジング・グレイス」と10のカバー曲。もともと、美しく透き通るようなソプラノ・ヴォイスだけに、「ハナミズキ」や「雪の華」、「千の風になって」は見事に填まる。「翼をください」や「卒業写真」は、赤い鳥やハイ・ファイ・セットのリード・ヴォーカルとして、かってこの曲を歌っていた山本潤子の歌声がちょっと甦ってくるし、「白い色は恋人の色」にいたっては、オリジナルのベッティ&クリスより日本語のイントネーションが上手いし、実に懐かしい。そして、英詩について触れると、これが意外なほど違和感がない。オリジナルの楽曲たちがどれも繊細で情感的な日本語の機微を生かした味わい深い歌詞なんだけど、英詩は敢えて意訳に走らず、原語の言葉尻を残している。中学の英語の教材にも使えそうな明瞭さで好感を持った。夭折した記憶も新しい本田美奈子とのハーモニーは、暫し時間が静止してしまったような感覚に捉われ、安寧と静寂の世界に誘ってくれる。ヘイリーの歌唱力の素晴らしさはもちろん、併せて、若くして散ってしまった本田の才能を惜しまずにはいられない。 純~21歳の出会い~ヘイリー・ミーツ・ジャパニーズ・ソングス-デラックス・エディション(初回限定盤) 関連情報

頼経明子 孟嘗君(1) (講談社文庫)

『奇貨置くべし』や『楽毅』などにも登場している孟嘗君の生涯を描く大ロマン。宮城谷作品の特徴というか、その養父・風洪の生き様をまず描いて、その薫陶を受けた孟嘗君が、世に出る前までを深く語っていきます。前置きが長いと思われるでしょうが、その前置きが、波瀾万丈でおもしろい。勇や侠気っていう、『北斗の拳』的漢が育つ過程があって、後の食客数千人ってのに、つながっていくわけで。こういう歴史書に詳しく書かれていない部分を、想像の翼を広げて、たっぷり書き込むのが、この著者ならではの醍醐味です。プラス、歴史の表舞台に出てこない王侯貴族でない人たちを生き生きと描いている辺りも、歴史書にはないおもしろさ。歴史小説のよさって、こういう歴史の余白みたない部分をどうおもしろく見せるかにかかる気がします。宮城谷作品でも、特にエンターテイメント性が強いので、はじめて読む人におすすめです。 孟嘗君(1) (講談社文庫) 関連情報

頼経明子 空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

夢中になって、一気に読んだ。それほどまでに、中小企業の運送会社と大企業の自動車会社で働く人々の描写が面白い。運送会社の走行中のトレーラーのタイヤが外れて、歩行中の母子を直撃した。中小企業の運送会社の社長赤松は、謝罪、批判、経営悪化、資金繰りに追われる。大手自動車会社がトレーラーを点検した結果は、運送会社の整備不良。しかし、その結果に納得できない赤松は、苦しい状況中真相解明に乗り出す。中小企業を取り巻く環境の変化が、実に面白い。とある財閥系の自動車メーカーという設定と、個人個人のプライドや利益がぶつかる様に、読み応えがある。警察、大企業、銀行、中小企業、マスコミ、被害者さまざまな人の思惑が複雑に交錯する中、経営が予断を許さない状況になっていくことにハラハラさせられる。”会社がヒトでできているのなら、会社が本当の終焉を迎えるのは、金がなくなったときでなく人がいなくなったときだ。” 空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫) 関連情報

頼経明子 ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

シリーズの中で最も面白かったと思う。テレビの半沢よりもっと冷静で自分の正義を信じる半沢の姿がよく書かれていると思う。もちろん、前の2作も面白かったけれど、私としてはこの「ロスジェネの逆襲」が最も面白かった! ロスジェネの逆襲 (文春文庫) 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]