恩讐の彼方に ランキング!

恩讐の彼方に 藤十郎の恋・恩讐の彼方に (新潮文庫)

「恩讐の彼方に」「蘭学事始」「俊寛」など良く知られた作品の他にも珠玉の短編が並ぶ。戦場で受けた恩義に苦悩し続ける侍の「恩を返す話」。役者が芸を極めるあまり人妻の心を切り裂いてしまう「藤十郎の恋」。冥土の永劫の平穏の恐ろしさを暗示する「極楽」。人間の因果、苦悩、本能を簡潔な筆致で描き切り、どの作品も硬質な読後感を与えてくれる。ブックオフに持ち込まず本棚に置いておきたい一冊。 藤十郎の恋・恩讐の彼方に (新潮文庫) 関連情報

恩讐の彼方に 恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫)

 子供みたいにぼろぼろ泣くことができた本として、私の記憶には残っています。 しかし、今読み返してみると・・。 毎日の生活に、社会に揉まれ、八方塞がりで・・・ どこにいっていいいか分からなくて、とうとう醜い嫉妬に狂っている私って・・。 まさに今の私の状態と『恩讐の彼方には』は同じ状況だ。 高校生の頃は、ぼろぼろ泣いた当時、まさかこの作品と同じような状況に置かれるとは・・・。 やはり名作とは、普遍的な共感を得るからこそ名作なのですね。 「まだ間に合う」という想い(願い)を込めて、『恩讐の彼方に』を再読しました。 そういう意味で、どんな、自己啓発本より、私に渇を入れてくれた本です。 恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫) 関連情報

恩讐の彼方に 恩讐の彼方に

主人を討ち、その後も何名もの命を奪った主人公。その後、年に10名もの命を落とす危険な絶壁の道に出会い、せめてもの罪滅しにと厚さ340メートルの壁に1人立ち向かう。19年の歳月の後、かつての主人の子が仇討ちに…短い作品ではありますが、間違った道だと認める勇気、大きな過ちを犯しても自分の罪と向き合っていく勇気、罪の償いを認める勇気…日本人の精神がずっしりと詰まった作品です。 恩讐の彼方に 関連情報




Loading...


ここを友達に教える