原節子さん ランキング!

原節子さん お嬢さん乾杯! [DVD]

木下恵介監督1949年の作品。まだ日本映画がGHQの統制下にあった時代であり、当時は時代劇、戦争もの等は禁止されており、民主主義を高揚する映画が推奨された時代でもあった(統制は1951年に解除)。1949年は小津安二郎監督の「晩春」、黒澤明監督の「野良」等も発表されており、併せて見ると当時の時代背景もより広くわかるし、それぞれの監督のスタンスの違いも端的にわかるのではないかと思う。物語は戦後の激動の時代。石津圭三(佐野周二)は自動車修理業で金を稼ぐいわゆる戦後の成金的成功者。一方池田泰子(原節子)は(旧)華族の令嬢だが、戦後の激動の波の中、家は没落しつつある。生まれも育ちも異なる二人がひょんなことからお見合いをする。互いの考え方にとまどい反発しながらも徐々に相手を理解していくのが楽しい。金こそがすべての圭三も愛情のためにある決断をし、泰子も没落華族の立場から一歩踏み出していく。戦前、圧倒的な二枚目俳優だった佐野周二(関口宏の父)が戦後の若い新興の金持ち(ある意味ワイルドさもある)を上手く演じ、原節子は現代の俳優にはない奥ゆかしさや気品を感じさせてくれる。戦後の混乱期を舞台に、まっとうな時代だったら結婚すべくもない二人が出会い、相互に理解し思い合う。一般的に木下映画の中でも「喜劇」と呼ばれる作品だが、激動の時代の中で人間らしさ、愛情とは何かを問う作品となっている。描かれている時代は65年以上前だし、一見古く見えるテーマだが、現代にも通用する内容ではないか、と思った。 お嬢さん乾杯! [DVD] 関連情報

原節子さん 小津安二郎 DVD-BOX 第一集

大阪万博の年に生まれた私にとって、おじいちゃんのような存在の小津安二郎監督。その出会いは、レンタルビデオ屋さんで借りた1本の映画「彼岸花」(本DVDボックス1に収録)が始まりでした。今の時代において、忘れかけていた古き良き日本の風景・日本人。そして家族。その日常のひとこまひとこまが淡々とかつ丁寧に描かれています。激しい展開やドラマがあるわけではない、が、その日常にこそ、人間の幸福・真髄があることを小津監督が語りかけているように感じます。俳優陣はもちろんのこと、小道具ひとつにも“本物”が使われている、映画を心から愛する職人の技・映像美に触れることができる小津映画、待望のDVD-BOX第一集には代表作と呼ばれる「東京物語」をはじめ、小津作品はじめてのカラー映画「彼岸花」が収録。小津ワールド、はじまりは第一集から。あなたも“本物”に触れてみてはいかがですか。 小津安二郎 DVD-BOX 第一集 関連情報

原節子さん 誘惑 [DVD]

 なんとなく原節子さんには、不倫の女学生役は似合わないというか・・・。でももっとうまく描けば、これまでにない原節子さんの魅力が出ていたかもしれないと思うと惜しくもあり・・・。結局、吉村公三郎監督や脚本の神藤兼人氏が何を描きたかったのかよくわからず、どの人物にも感情移入できない。やっぱりこの女学生の心情がイマイチ伝わってこないのがこの映画の面白くないところ。佐分利信さんの気持ちはわかるけど(うらやましい!)。当時の感覚ではセンセーショナルな不倫関係を映画にしたかったということなのかもしれませんが、それだけじゃあねえ。いつも(?)惚れぼれするようなお芝居を見せてくれる杉村春子さんも生彩がないし。この映画、妙に原節子さんの膝から下、ふくらはぎあたりをアップにしたショットが多かったり、温泉あがりの旅館で枕を並べるようなシーンやら、男の妄想をかきたてるような、ちょといやらしい感じがある。「堪忍して、堪忍して先生、だめェ、あぁ・・・」というところはグッときました。でも直接、見せることはせずに腰に手をまわすショットに切り替わったりして描いている。ダンスホールで踊る二人の足とか、障子に映るススキ(?)の影とか、縄跳びをする女学生(原)を妻(杉村)が見つめるところなど、監督は映像による登場人物の心理描写によって不倫のもつなんともいえない(?)ムードを描きたかったのかもしれない。ちなみに、この映画、原節子さんが、入浴シーンの撮影を拒否したことでも知られる作品です。 ラストの佐分利信さんに、上目づかいに甘えてみせる表情、無防備にバンザイするかたちで窓から抱きあげられるところは、今までにみたことのない原節子さんで嬉しくもあり、あまり似合わないようでもあり・・・。映画の最初の方で男子学生を連行する警官に食ってかかっる姿のほうが本来の魅力だとは思います(表に出さずとも内に強いものを秘めた芯の強い女性が似合う・・・と思う)が、この映画の原節子さんも貴重。この「誘惑」や「台風圏の女」など評価の芳しくない作品ほど、彼女の新しい顔が見られるようで、もっといろいろとDVD化されることを希望します。 誘惑 [DVD] 関連情報

原節子さん ハイグレード 刀袋 房紐 裏地付 移動用 カバー ケース 日本刀 保管袋

日本刀刀袋は、房紐も長くきれいな布地で作られていて好感が持てました。 ハイグレード 刀袋 房紐 裏地付 移動用 カバー ケース 日本刀 保管袋 関連情報

原節子さん クリスタル ガラス キャンドルスタンド 2本 セット カラー 螺旋 キャンドル 付き (レッド)

台座とキャンドルが、もう少しカチィと入ればなお良かったです。 クリスタル ガラス キャンドルスタンド 2本 セット カラー 螺旋 キャンドル 付き (レッド) 関連情報




Loading...


ここを友達に教える